緩和ケアをして医療体制を見直しています

体調が悪化してしまうと、色々なところに支障が出てしまいます。
少しでも患者の精神状態が安定するように医師は緩和ケアを患者にして医療体制を見直しています。
緩和ケアをすることで、治療の辛さを一時的に和らげています。
がん治療と並行して緩和ケアをしている人も非常に多く、先の見通しを話し合いながら自分らしく生きている人がたくさんいます。
緩和ケアは完全予約制になっていて、医療を受けるときは主治医の先生に相談することが義務付けられています。
他院でがんと診断された人やがんの治療を受けている人は紹介状を書いてもらってからケアを受けます。
緩和ケアは生命を脅かす疾患のときに行います。
身体的な問題だけではなく、社会的な問題に対しても障害にならないかということを視野に入れて予防や対処したりするので、生き抜いていくためにはとても大切なケアです。
がん治療をしていると病院にいる時間が長くなるので、自宅で過ごすための支援も行っています。